次に進む~証拠書類の収集の順番~

 

  • 本人がB型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 母子感染ではないこと

が確認できたら、次の証拠集めに進むことになります。


 .満7才になるまでに集団予防接種を受けていることを証明する書類

  1. 母子健康手帳 
  2. 予防接種台帳(市町村が保存している場合) 
  3. 母子健康手帳または予防接種台帳を提出できない場合は
  • その事情を説明した陳述書(親、本人等が作成)
  • 接種痕が確認できる旨の医師の意見書(医療機関において、作成)
  • 住民票また戸籍の附票(市区町村において、発行)

*該当時期の予防接種台帳を保存している市区町村に居住歴がある場合で、予防接種台帳に記載がない場合は、その証明書(当該市区町村においても発行)も必要です。



2.その他集団予防接種等以外の感染原因がないことの証明する書類

  1. カルテ等医療記録 
  2. 父親がB型肝炎ウイルスの持続感染者である場合は、父親と本人のB型肝炎ウイルスの塩基配列を比較した血液検査結果 
  3. 本人のB型肝炎ウイルスがジェノタイプAeないことを証明する検査結果*ジェノタイプは、平成7年以前に持続感染が判明(初診)した場合には不要です。

 

3.戸籍謄本、改製原戸籍等

 

 

 

Q.カルテ等の医療記録は、どの範囲まで用意すればいいですか?

 

A.以下の医療記録のうち、現存するものを提出することとされています。


  1. 直近の1年分の医療記録 
  2. 持続感染の判明から1年分の医療記録 
  3. 最初の発症から1年分の医療記録(発症者のみ) 
  4. 入院歴がある場合には、入院中のすべての医療記録(退院時要約(サマリー)でも可)

*カルテ等医療記録が破棄されている場合は、「カルテの不存在証明書」の取得を医療機関にお願いして下さい。